マネー重視のカード選択法

■マネー重視のカード選択法

●年会費無料を狙う

年会費無料のカードならば、1度も使わずに何年持っていても、余分な出費はかかりません。ですから、「クレジットカードは持っていたいけれど、使うかどうかはわからない」という人には特におすすめです。

しかし、今や多数の年会費無料カードが登場しており、どれを選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。そんな時は、それぞれのカードの特典に注目してください。保険付きのものや、ポイントサービスが充実しているもの、指定のお店での買い物が常に割引価格になるものなど、様々な種類のカードが年会費無料になっています。そして、これらの特典も大抵無料で付いてきます。

カードを選ぶ際は、まず自分の欲しい種類のカードを選んでから、年会費無料のものがあるかどうかを確かめてみてもいいでしょう。

●利用限度額の多寡をチェック

利用限度額とは、クレジットカードで毎月利用できる金額の上限のことです。利用限度額の大枠は、カードの種類により設定されており、一般カードでは10〜50万円、プレミアムカードでは50〜400万円となっています。しかしなかには、一般カードでも300万円まで利用可能なカードもあり、プレミアムカードに至っては利用限度額が設定されていないものまでありますから、上記の金額はあくまで目安としてください。

ところで、同じ種類のカードでも利用限度額に開きがあるのは、なぜでしょうか?それは、個々の利用限度額は、会員の資産状況や利用状況などにより、カード会社が個別に設定しているからです。ですから、入会時は低い利用限度額設定だとしても、年間の利用額が多い場合や支払いの遅延などなく利用していくことで増額も可能です。

高い利用限度額のメリットの1つは、高額な買い物をする際に、現金を持ち歩かなくて済む点です。しかし、不正利用された際のことを考え、低い限度額を設定する人もいます。このように、利用限度額の捉え方も人それぞれです。カードを選ぶ際には、自身のライフスタイルを思い浮かべ、利用限度額の多寡を必ずチェックしてください。

●支払い時期は余裕をみて

買い物をする際に現金がなくても利用できるのが、クレジットカードのメリットです。しかし、支払いが1ヶ月以上遅れた場合は、ペナルティ料金が請求され、さらに遅延が長期間におよぶと、カードの機能を停止させられることもあります。ですから、支払い方法は、ある程度余裕をみて選ぶことが大切です。

「計画性には自信がない…」という人は、「フレックス払い専用カード」を使うのも良いでしょう。フレックス払いとは、好きな時に好きな金額を支払うことができる支払い方法です。

おすすめクレジットカードランキング

エポスカード

エポスカードはマルイが発行するクレジットカード 全国の約7,000以上の店舗で割引や優待を受けることができ、ショッピング、お食事、エンターテイメント、旅行好きの方はおすすめできるカードです。 年に4回開催される『マルコとマルオの7日間』では、「10%OFF」で買い物できるなど、マルイ利用者は必見です。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラでお得なクレジットカード。 ビックカメラで最大11.5%の還元率を実現! 新社会人・新大学生にもオススメのクレジットカードです。

イオンカード(WAON一体型)

イオングループ(イオン、ダイエー、マックスバリュー、まいばすけっと、ピーコック、ミニストップ、オリジン弁当)を良く利用する主婦にオススメのクレジットカードです。 お客様感謝デーには5%でお買物できるなど、節約主婦には嬉しい1枚!

投稿日:

Copyright© クレジットカード120%活用術 , 2017 AllRights Reserved.