被害を受けないために

●犯罪防止のイロハ

近年多発する、クレジットカード犯罪の被害に遭わないためには、自ら注意することが大切です。日常のちょっとした注意が、効果的な不正利用対策となりますので、今から紹介する対策法は必ず実践しましょう。

○暗証番号は自分しかわからない番号に!
当然のことですが、暗証番号を自分の誕生日にしてはいけません。また、電話番号や免許証の番号なども推測されやすいので、これらの番号を暗証番号に使用するのは避けてください。推測されやすい暗証番号を設定している人は、すぐにでも変更しましょう。暗証番号変更の手続きはそれほど面倒な作業ではありません。クレジットカード会社に送ってもらう書類や機械音声電話で変更が可能です。ただし、カードの所有者本人でないと、手続きは行えません。

○サインは漢字で書く!
クレジットカードの署名欄に記入するサインは、ローマ字でも漢字でもどちらでも良いことになっています。しかし、不正利用防止をより強固なものにしたいのならば、必ず漢字で書くことをおすすめします。なぜなら、漢字のサインは最も真似されにくいからです。世界を見回すと漢字を書くことができる人は、ローマ字を書くことができる人に比べたら非常に少ない割合となっています。

○使っていないカードは解約する!
もし、使っていないカードがある場合、そのカードを解約することも検討しましょう。なぜなら、銀行キャッシュカードの場合、口座にお金がないとお金を受け取ることはできませんが、クレジットカードの場合は後払いシステムなので限度額いっぱいまで使われてしまう可能性が高いからです。それに、普段使っていないカードは、不正利用されても気付きにくいものです。

カードの解約手続きは非常に簡単で、カード会社に退会の意向を連絡し、カードにハサミをいれて、カード会社指定の住所まで送り返すだけで完了します。家の中で紛失するなど、カード自体がなくても解約手続きはおこなえますので、心当たりのある人は、まずはカード会社に電話してみてください。

●紛失や盗難に遭った時は、カード会社に即連絡!

クレジットカードを紛失・盗難した時には、すぐにカード会社に連絡しましょう。警察に連絡するよりも、まず先にカード会社に連絡するのです。警察はクレジットカードの利用を停止することはできませんので、不正利用を防ぐためには、これが何よりも先決です。 すぐにカード番号がわからないからといって尻込みしてはいけません。緊急時の場合、名前、生年月日、電話、住所、振替金融機関などの本人情報からカード情報を割り出し、停止措置をしてもらえます。ですから、一刻も早くカード会社に連絡しましょう。

もし、第三者による利用被害がわかった後でも、諦めずにカード会社に連絡しましょう。多くのカードは、届出から60日にさかのぼって保証されますので、被害発覚後でも諦めてはいけません。

ところで、もし停止措置をしたすぐ後にカードが見つかった場合はどうしたら良いのでしょうか?答は簡単です。同じくカード発行元の会社に連絡すれば良いのです。不正利用がなかった場合は、すぐに停止が解除され、即日使えるようにしてくれますよ。

投稿日:

Copyright© クレジットカード120%活用術 , 2017 AllRights Reserved.