国内のクレジットカード

●系統別に見る日本のクレジットカード

国内のクレジットカードはよく、「銀行系」や「信販系」というように、発行元の会社の事業形態により分類されます。カードの特典には、各社の事業形態が反映された個性的なものもありますので、カードを選ぶ際の参考にしてみてください。

○銀行系クレジットカード
銀行または、銀行の子会社が発行するクレジットカードのことを指します。銀行のキャッシュカードにクレジット機能がついているのが特徴的です。他のカードと比べると、審査基準がやや厳しいと言われています。

○信販系クレジットカード
信販会社が発行するクレジットカードのことを指します。日本の信販会社は、長きに渡り、月賦を手がけてきたこともあり、支払い方法が充実しているのが特徴です。様々なカードローンも取り扱っています。

○流通系クレジットカード
百貨店やスーパーマーケット、専門店などの流通を扱う会社が発行するクレジットカードのことを指します。特徴として、ショッピングの割引や、ポイントサービスが充実している点があげられます。審査基準は比較的甘いと言われています。

○石油系クレジットカード
石油会社もしくは、クレジットカード会社が石油会社と提携して発行しているクレジットカードのことを指します。特徴としてガソリン代の割引やロードサービスなどがあります。また、給油料金に応じたポイントサービスもあります。

○メーカー系クレジットカード
家電や乗用車などのメーカーが発行しているクレジットカードのことを指します。系列小売店に対して割引やポイントサービスを実施しているのが特徴です。

○IT系クレジットカード
ITを扱う会社が発行しているクレジットカードのことを指します。ウエブサイトでのショッピングの購入手続きが簡単にできることと、ポイントサービスが充実していることが特徴です。

○その他
この他にも、ホテル、旅行業者、航空会社などさまざまな業種の会社のクレジットカードが存在します。ちなみに、いわゆる自社カードとは、自社で与信・発行する自社ブランドのクレジットカードのことを言います。これに対し、小売店などが、クレジットカード会社や信販会社などと提携して発行する「自社ブランド」のクレジットカードは「提携カード」と言います。

投稿日:

Copyright© クレジットカード120%活用術 , 2017 AllRights Reserved.