あなたの疑問にお答えします

●デビットカードとの違いは?

クレジットカードは「後払い」に用いられるカードですので、銀行口座にお金が入っていなくても利用できますが、デビットカードは「即時払い」に用いられるカードで、決済と同時に自分の銀行口座から支払い額が引き落とされます。ですから、銀行口座にお金が入っていない場合には、使用ができません。いうなれば、お店で利用できる銀行のキャッシュカードのようなものです。

●無職でもクレジットカードは持てる?

多くのクレジットカードは「満18歳以上の一定の収入源を持つ人」を対象としていますが、収入源がなくてもカードを持つ手段はあります。 その方法の1つが家族カードを申し込むことです。カードの種類によっては、「カード契約者の家族何人分まで作成できる」といった特典を持つものもあります。家族枠で作ったカードの支払いは、カード契約者の銀行口座からまとめて引き落とされます。ですから、ポイントも貯まりやすくなるのです。 もう1つの方法としては、比較的審査が緩いと言われている「流通系」カードで作ることです。百貨店やスーパーマーケットなど流通を扱う会社が発行するカードは、同じコース内でも利用限度額を何種類か設定し、リスクを低くすることで、主婦を含め幅広い利用者を取り込んでいます。入会審査にお金はかかりませんので、無職だからと諦めずに申し込んでみてはどうでしょうか。

●電話番号や住所が変わった場合はどうするの?

すぐにクレジットカード会社に届けてください。電話1本で変更手続きができますので、面倒がらずにカード会社に連絡しましょう。住所や勤務先、改姓、銀行の指定口座の変更などをカード会社へ届け忘れていると、更新時に新しいカードを受取ることができなかったり、カード決済がスムーズにいかなかったりすることもあります。

●カード決済をした商品は返品できる?

お店の承諾があれば可能です。ただし、商品の代金が戻ってくるまでには、現金での決済に比べると、多少の時間がかかります。 クレジットカード決済の場合、商品の代金はクレジットカードへ返金されるシステムになっています。一旦商品の代金が指定銀行口座から引き落とされた後、商品の代金が指定銀行口座に返金されるわけです。ですから、毎月の自動引き落とし日まで待つ必要があり、返金までに時間がかかるのです。 また、カード決済をした商品を万一返品できない場合でも、購入日から90日程度までであれば、カード会社が返品を受け付けてくれる付帯保険もあります。

投稿日:

Copyright© クレジットカード120%活用術 , 2017 AllRights Reserved.